借地権は難しい?

土地をお持ちでない方にとってはあまり聞きなれない言葉だと思いますが、土地を借りたいと思う方、貸したいと思う方にとって、理解しておくべき権利ですし、理解していない状態では後に土地保有者とトラブルになる事も予想されるため、しっかり内容を把握しておくべき権利でもあります。

借地権には地上権、土地賃借権、永小作権など様々な種類があります。
中でも土地を借りるといった面でかかわってくるのが地上権、土地賃借権です。
法律改正がある前までは、土地を貸してしまうと半永久的に帰ってこないという状況も多々あり、土地を貸すことをしない所有者が多くなり、またトラブルなども多発したことで法律改正が行われ借地権という権利ができました。
以前の法律の中で土地を貸している方の中には、土地をどうしても明け渡してほしい時、自分の土地なのに立ち退き料を支払って土地を明け渡してもらうという事もあります。
そのため、有効利用できる土地があっても賃借しないという事が多くなり、平成4年に借地法が改正され、現在平成4年以前に契約した旧借地法に基づく借地権と、新借地法に基づく借地権が存在しています。

新借地法では一定期間後、借地権が消滅する、借地権設定者、つまりその土地を保有し貸している大家さんは借地権を持っている借主に立ち退き料を支払う必要がない、さらに貸している土地を返還してもらう時、借地権利を持っている借主が負担して土地を更地に戻させることができるようになりました。

大きく変わった借地権によって何が有利になるのか、土地に絡むトラブルを起こさないためにも、よく理解しておくことが重要です。
当サイトでは借地権があると有利になる事を中心にお伝えしていくサイトです。
土地の所有者、これから土地を借りたいと思う方にとって当サイトの知識が役立つことを願っています。



◎Recommend Site
地上権、土地賃借権など様々な種類があり、新法旧法まである借地権について解説しています --- 借地権 旧法